地獄の黙示録

【原題】
1980年

【キャスト】
マーロン・ブラント
ロバート・デュヴァル
マーティン・シーン
ロバート・デュヴァル 他

【原題】
Apocalypse Now

【翻訳サイトの直訳】
現在の黙示録

【邦題】
地獄の黙示録

【邦題英訳】
Apocalypse of Hell

【寸評】
英訳としては問題ありませんが、ちょっとホラー映画っぽいような・・・

レナードの朝

【原題】
1991年

【キャスト】
マーロン・ブラント
ロバート・デュヴァル
マーティン・シーン
ロバート・デュヴァル 他

【原題】
Awakening

【翻訳サイトの直訳】
めざめ

【邦題】
レナードの朝

【邦題英訳】
Leonard’s Morning

【寸評】
邦題英訳はそのまんまですが、映画の内容的には原題のまま「めざめ」だとか「覚醒」でも良いような気がしますが、「レナードの朝」とする事で、誰にでも日常的にやってくる「朝」が実はそうではないのだよ。なんていう、深ーい意味で使われているのかな?なんて思っちゃったりもします。

それにしても、これが実話に基づいて作られているという事に驚きです。


スポンサーリンク